English-Rakugo
English-Rakugo
English-Rakugo What is Rakugo Books English-Rakugo
English-Rakugo Performer BBS English-Rakugo
English-Rakugo Performance Mail English-Rakugo
English-Rakugo Infomation Toppage English-Rakugo
English-Rakugo
English-Rakugo
English-Rakugo

プレジデント 2006.10.2号
ユーモアで難局を打開し、味方を増やす
  ユーモアはコミュニケーションをスムーズにする。ビジネスにおいても、ユーモアの効用は計り知れない。 そのことをお話しする前に、「笑い」と「ユーモア」は別のものだということを明確にしておきたい。「ユーモア」は、ゲラゲラ笑うことではなく、気の利いたひと言が言えるサービス精神や、発想の柔軟さを指す。
  残念ながら日本語には「ユーモア」の概念を適切に表現する言葉がないため、日本社会では、ユーモアが何か不謹慎で、ふざけたことであるかのような印象を与えてしまう。だが、本来ユーモアは、ビジネスでも非常に役立つものなのだ。
  英語圏において「ユーモア」 とは、「通常の状態から逸脱すること」「期待されているものとは違うものを示すこと」と定義されている。おもしろいことがユーモアなのではなく、常識的な枠組みから少しズレているから、結果としておもしろいのである。重要なのは、社会常識から「少しだけ」外れているということ。大幅に外れると、ただのナンセンスになってしまう。
  ユーモアのあるひとは、精神が柔軟で、創造性に富み、環境の変化に強い。また、病気になりにくいという調査結果もある。表現力もユーモアと密接な関係がある。専門用語をわかりやすい言葉に置き換えたり、うまい比喩を使って、相手を納得させる際には、ユーモアが役に立つのである。
  私が生命保険会社で行ったアンケート調査では、「ユーモア度の高い人は営業成績も高い」という結果が出た。ユーモア度と保険の営業成績には、明らかな相関関係があるのだ。
サービス向上の切り札「最低顧客コンテスト」
  海外では、ユーモアのセンスそのものを売りにしたビジネスも広がっている。アメリカやオーストラリアには、「ユーモア・コンサルティング」という職種がある。普通では解決しにくい難問に対し、ユーモラスな切り口で解決策を提案するのが彼らの仕事だ。近年、その需要がますます高まっているという。実際にユーモア・コンサルタントが手がけた例を紹介しよう。ニューヨークのある地方銀行の話である。
  この銀行では窓口係員同士の仲が悪く、顧客サービスにも悪影響を及ぼしていた。これを改善すべくユーモア・コンサルタントが提案したのが、「週間最低顧客コンテスト」。毎週金曜日の午後、それぞれが担当した「最低の客」について文句を言い合い、「確かにこの人の客が一番ひどい」と皆が合意した人がシャンパンをもらう、というコンテストである。
  その結果何が起こったか。お互いの苦労話を聞くことで、係員の間に共感や連帯感が生まれた。シャンパンをもらおうと、気難しそうな客にも進んで声をかけるようになったため、顧客サービスも向上し、たった四週間で問題が解決したというのだ。
  また、客が修理する様子を見たがることに頭を悩ませていた自動車の修理屋は、ユーモア・コンサルタントの勧めで、こんな料金表を貼り出した。「レギュラー・一時間四五j、見学される場合・一時間六十j、お手伝いされる場合・一時間七五j」これを見た客は、「口や手を出されると迷惑なのだな」と察して、笑いながら出て行ってくれるようになったという。
  「ユーモアは敵をつくらない」と言われるように、人は自分を笑わせてくれる者を敵だとは思わない。欧米でユーモアが発達しているのも、多様な民族が共存するための生活の知恵といえよう。これからは日本も価値観が多様化し、海外との接点もますます増えることは間違いない。
  ユーモアの必要性も高まるはずだ。不要な対立を避けるため、ビジネスでもプライベートでも、ユーモアが果たす役割は少なくないのである。(談)

朝日新聞2006年12月28日 特派員メモ・イスラマバード
英語で一席
イスラマバードで「英語落語」を楽しむ機会があった。日本大使館などが日本文化の紹介のために開いた寄席だ。英語落語は、日本の笑いを世界に知ってもらおうと、文京学院大学助教授の大島希巳江さんが取り組んでいる。この日の高座には、その大島さんと桂あさ吉さん、人形を使った「パペット落語」の笑福亭鶴笑さんが交代で上がった。客席にはパキスタン人の招待客ら約200人が詰め掛けた。どの出し物も大受けだ。隣席に座った婦人は、大笑いしすぎて目に涙を浮かべていたほどだった。「一人で何役もこなし、あっち向いたりこっち向いたりするしぐさが新鮮だった」と話していた。もちろん、パキスタンにもお笑いはある。家庭などを舞台にしたジョーク満載のコメディーが人気で、家族連れで劇場に見に行く人が多い。ただ、幕あいに女性の踊りが登場し、人気を下げた劇場もあるという。いかがわしいわけではないが、肩や脇腹をのぞかせた衣装が一家だんらんの雰囲気に合わないようだ。その点、落語は大丈夫。客席の様子では、芸自体の面白さはもちろん、家族連れで楽しめる健全さが大受けした理由のひとつだったのだろう。

パキスタン・ヘナ →イスラマバードで障害者センターを訪れた際に、女性がヘナで手にお化粧をしてくれた。パキスタンでは、このように様々な模様を女性の手に描くのがおしゃれ。3週間ほど消えないので、帰国してから仕事に復帰するのに困ったけれどね・

神戸新聞 2006年11月16日木曜日
ユーモアはおもいやり
大学助教授大島さん 笑いと文化で講演
 五十歳代の英国人女性との待ち合わせに遅刻したことがあった。その女性は怒らず「高校生に声を掛けられ、楽しかった」と笑ってくれた。「遅刻は気にしないで」とは言わないユーモアに思いやりを感じ、その後の会話も弾んだ。笑いで相手の印象がよくなることを体で感じた。
  笑顔と仏頂面では、人は、仏頂面の方が殴りやすいというデータがある。笑顔は敵をつくらず、自分の身を守る手段にもなるので、一日二十分は意識して笑って欲しい。
  他人の方が自分の顔を長い時間見ている点からも、笑顔は周囲のためにあるといえる。職場にも「笑っていい」という環境を整えることが重要。笑いひとつで周りが明るくなり、円滑な人間関係にもつながる。

 

神戸新聞 2006年11月17日金曜日
「笑顔は敵をつくらず」
文京学院大 大島助教授が講演
 神戸新聞情報文化懇話会の十一月例会が十六日、神戸市内のホテルで開かれ、文京学院大外国語学部助教授の大島希巳江さんが「笑いとコミュニケーション」をテーマに講演した。
  大島さんは「笑顔は敵をつくらない」とし、コミュニケーションにおける「笑い」の重要性を説いた。欧米の企業や公共機関では「ユーモアコンサルタント」が活躍しており、夫婦げんかの際にウサギの着ぐるみ姿で駆けつけ、仲裁の効果を上げた米サンフランシスコ警察の事例を紹介した。「日本人は笑わない、冗談を言わないということが世界中に定着しているため、いざというときに攻撃されやすい」と大島さん。一九九七年からは「英語落語」での海外公演に取り組んでおり、「批判もあるけど、日本人も案外面白いと興味を持ってもらえたらいい」と話した。
  講演後は着物姿で落語の「壷算」を英語と日本語で演じ、自ら上質の笑いを提供した。

名物バス →パキスタン名物、ハデハデなバス!もう、これでもかというくらい派手な色使いで絵や模様が描かれている。こんな色々な色のバスが街中をたくさん走り回っているので、道路はとてもにぎやか。

 

 

 
English-Rakugo
Copyright 2002 Kimie Oshima