English-Rakugo
English-Rakugo
English-Rakugo What is Rakugo Books English-Rakugo
English-Rakugo Performer BBS English-Rakugo
English-Rakugo Performance Mail English-Rakugo
English-Rakugo Infomation Toppage English-Rakugo
English-Rakugo
English-Rakugo
English-Rakugo


ブルネイ・マレーシア公演2007

←ブルネイでは、今回は観光する時間がとれた!ということで、船に乗って水上集落に向かいました。左手前から、桂あさ吉、林家和女、大島希巳江、船頭さん、林家彦いち、笑福亭鶴笑。このあと、思いがけず野生の「テングザル」に出会うことができて感激!したのでした。

↓ブルネイのモスクの中。神聖な場所なので、見学者は皆、このような黒いガウンを着ます。中は驚くほど涼しく、とってもキレイ!


↑マレーシアの伝統料理です。やっぱり屋台が間違いなくおいしい!ちょうど昼食時で、スーツを着た会社員らしき人でいっぱいでした。マレーシアは巨大な昆虫がたくさんいることでも有名。昆虫大好き!な大島とあさ吉は大はしゃぎ。

←クアラルンプールにある、ヒンズー教のもっとも神聖なる場所。たくさん猿がいるのです。人にとても慣れています。動物大好き!な大島とあさ吉はまたしても大はしゃぎ。

↑ブルネイの中学校での公演は、体育館で。大歓声に拍手喝采、大変な盛り上がりにこちらがびっくりするほど。どこの国でも、中学生はパワーいっぱいだわ。
夜の公演も終えて、やっと打ち上げ!といってもそこはブルネイ、禁酒の国。みんなでトロピカルジュースをちゅううーっと。ビールで乾杯、ぐぐうーーっと!は、マレーシアまでお預けなのです。

↑水上集落のずっと奥まで船で行くと、マングローブのジャングルがあります。偶然、このジャングルで幻の「テングザル」の群れに出会いました!森の奥に数匹いるの・・・、見えますかね?こんなに近くで野生のテングザルに会えるなんて、とってもラッキーですよ、とのこと。

あさ吉、猿のとのベストしょっと!
English-Rakugo
Copyright 2002 Kimie Oshima